保育士の主な就職先

たのまなの保育士通信講座

たのまなの保育士通信講座は分割なら月々3,200円×14回 
たのまなはヒューマンアカデミーの通信講座です。
詳細はこちら>>たのまな保育士講座

保育士の就職先は保育園だけ?

保育士の就職先はほとんどの方が保育園に就職しますが、それ以外にも多くの職場で求められています。

 

どんな職場で保育士が必要とされているのでしょうか。

 

保育士の就職先は大きく分けて2つ

保育園と保育園以外となります
保育園(保育所)で働く保育士お仕事
保育園では、0歳児から小学校入学前まで幅広い年齢の子供がいます。

基本的に、保護者が日中子供の保育ができない場合に、入園することができます。
多くの場合は働いているお母さんですが、保護者が常時介護を必要とする家族がいる場合や
病気や障害を持っている場合、妊娠期間であったり出産後間もない場合や災害の復旧にあたっている場合に
「保育ができない」とみなされます。

 

子供の保育を親御さんに代わり行うわけですので基本的な生活の面倒から子供の年齢に応じた幼児教育も行います。

 

保育士として働いている人の9割以上は保育園(保育所)で働いているという調査結果があります。

保育園(保育所)以外で働く保育士のお仕事
保育士は保育園(保育所)以外にも多くの働き場所があります。

 

児童福祉施設では保育士の常勤が義務付けられています。
児童福祉施設には、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、児童自立支援施設、母子生活支援施設などがあります。
これらの施設以外にも、デパートやホテルなどで一時的にお子さんを預かる民間サービスも増えています。
このような職場でも、保育士資格を持っていると就職に有利になります。


 

児童福祉施設について

児童養護施設

児童養護施設は、保護者のいない子供や親の都合によって保護者が保育できない場合に子供が入所する施設の事です。

親の都合には仕事の事情や保育の放任であったり虐待などの場合もあります。

 

子供の年齢は2歳〜18歳ですが、知的障害や大学進学などの理由で18歳になっても自立できない場合に限り20歳まで施設に残る事ができます。
看護師が施設にいる場合に限りますが、既に兄や姉が施設に入所しているケースでは2歳未満の児童でも入所が可能になりました。

 

児童養護施設は、家庭生活に近い場所であり就学前の子供には保育が必要となります。

乳児院

乳児院は、児童養護施設に入ることの出来ない乳児(従来は0歳〜1歳未満とされた)がさまざまな事情によって家庭で養育できない場合に児童相談所の判断で入所することになる施設です。

 

児童福祉法の改正で、1歳を過ぎても必要がある場合、就学前の児童まで入所することが可能となりました。
乳児院では保育士、看護師、栄養士などが求められます。

児童自立支援施設

児童自立支援施設はかつて救護院と呼ばれ、不良行為やそのおそれのある児童を入所させて教育・指導して更正させることを目的と下自動福祉施設です。

ここで働く保育士は『児童生活支援員』と呼ばれ、指導・育成をおこなって自立を支援していきます。

母子生活支援施設

母子生活支援施設はかつて母子寮と呼ばれ、18歳未満のこどもを養育している母子家庭やこれに準ずる事情にある助詞が経済的事情やさまざまな問題でこともの養育が充分に出来ない場合に入所することができます。

母子を保護し、自立促進のための生活支援や指導、相談援助などを行っています。

 

 

幼稚園教諭免許所有者向け

ヒューマンアカデミーの通信講座 たのまな

幼稚園教諭免許所有者向けに、実技試験免除コースが出来ました! 最短3ヶ月でマスターを可能にする「ステップアップ式学習システム」 [ 2011/12/20 ]

保育士の主な就職先関連エントリー

保育士資格を取ったら保育士登録
保育士資格が晴れて取得できたらまずする事。それが保育士登録です。
保育園での仕事内容
保育園(保育所)での保育士さんのお仕事は?保育士さんのお仕事である保育とは保護者の代わりに生活習慣の指導と年齢に合わせた遊びの指導です
保育士の待遇(給料)
保育士になったら、どのぐらいの給料がもらえるのでしょうか
保育園(保育所)の一日
保育園(保育所)の一日の流れをご紹介します。うちの子供がお世話になっていた保育園での一日のタイムスケジュールです。