幼稚園教諭と保育士の違い

たのまなの保育士通信講座

たのまなの保育士通信講座は分割なら月々3,200円×14回 
たのまなはヒューマンアカデミーの通信講座です。
詳細はこちら>>たのまな保育士講座

幼稚園と保育園の違いをまず再確認

最近では幼保一元化という話も出ていますが、法律改正には何かと時間のかかるもの。
まだしばらく、幼稚園と保育園は管轄の違い、目的も違ったものとして継続していく事と思います。

 

幼稚園の管轄と目的

幼稚園を管轄しているのは文部科学省です。

この事からもわかるように、幼稚園の目的は小学校に入る前の幼児に教育をするということになります。

 

教育といっても、それぞれの幼稚園独自のものがありますが、体作りに力をいれたり英語を取り入れたりさまざまです。

 

入園できる年齢は3歳児からという制限がありますのでそれ以前のお子さまを預かる事はできないのです。

 

保育園の管轄と目的

保育園を管轄しているのは厚生労働省です。

 

保育園は保育をする事が目的となりますので0歳児から入所は可能です。

 

働きたいお母さんが増加している現在、保育園の需要はますます高まるばかりですが、なんせその数が足りていないのはご承知かと思います。

 

保育園をもっと作ろうという動きは今後も強まるでしょうから保育士の資格保持者の需要も高まることが予想されます。


幼稚園の教諭と保育士さんの資格の違い

幼稚園と保育園では現在のところ管轄省庁の違いとともに資格も全く別ものになります。
したがって、幼稚園教諭の資格を取得できる短大や大学に行ったからといって保育士資格も取れるわけではないというのが現状なのです。

 

また、幼稚園の先生は幼稚園に属する事になりますが、保育園の保育士は都道府県に登録をすることが義務化されています。

 

保育園には公営の保育所、私営の保育所がありますがどちらを目指すのか明確にしておいた方が良いでしょう。
安定を求めて公営保育所を希望する方がほとんどですが、欠員が出た場合の補充で求人があるわけですから毎年多数の採用があるとも限りません。
むしろ、求人は少数と考えておいた方がいいでしょう。

 

保育士養成校(大学・短大)の場合実習や見学に行く場所を決める際、希望する施設を決めておいたほうがあとあと有利に働くかもしれません。
そういった意味で、公務員を目指しつつ、私営も考えている場合、顔を繋いでおく事も一つの手段といえます。

ユーキャンの保育士講座

幼稚園教諭免許所有者向け

ヒューマンアカデミーの通信講座 たのまな

幼稚園教諭免許所有者向けに、実技試験免除コースが出来ました! 最短3ヶ月でマスターを可能にする「ステップアップ式学習システム」 [ 2011/12/20 ]

幼稚園教諭と保育士の違い関連エントリー

通信で保育士資格を目指す
保育士になるための保育士資格を取得する方法は通学制の大学や短大を卒業、通信制大学を卒業、保育士試験に合格する方法があります。
通信講座や通信教育のメリット
保育士資格を取得する方法の一つ、通信講座や通信教育のメリットとはなんでしょうか。通学制と比較してみましょう。
通信教育以外の方法
保育士になるための保育士資格を取得する方法。通信以外の方法は?
養成学校を卒業する
厚生労働大臣の指定する指定保育士養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業することで保育士の資格を取得できます。
保育士資格までの費用比較
保育士資格を取得しようという時に気になるのが費用でしょう。通信制の大学・短大と通学制の専門学校の比較と通信講座の場合で考えてみましょう。
保育士試験 合格を目指す
保育士試験 合格を目指す方法は、毎年1回、都道府県知事の実施する保育士試験に合格すれば保育士の資格を取得することができます。