保育士資格を通信講座や通信教育で目指すのメリットとは?

たのまなの保育士通信講座

たのまなの保育士通信講座は分割なら月々3,200円×14回 
たのまなはヒューマンアカデミーの通信講座です。
詳細はこちら>>たのまな保育士講座

通信で保育士資格を取得するメリットとは?

 

保育士資格の通信教育には、ユーキャンやたのまななどの通信講座と、大学や短大の通信教育があります。
この比較はこちらで考えてみました。

 

 

 

ここでは、通学制と比較した通信教育のメリットについて考えてみましょう。

 

通信講座のメリット

好きな時に学習できる

通信教育一般で言える事ですが、メリットとして挙げられる事はこれですね。
いつでもどこでも好きな時に学習する事ができるということでしょう。
働きながら学びたい社会人の方や、主婦の方に人気の秘密もここにあるでしょう。
通学制と比べて時間の制約がない事、通学時間や通学費用の心配もいりません。

 

学習費用が格安

通信講座や短大の通信教育は通学制と比較すると格段に安いこともメリットといえます。
専門学校の場合、平均100万円×2年〜3年とかかります。夜間の場合でも平均70万(55万〜)×3年と安くはない費用です。
これが通信教育の短大になりますと15万〜25万(学校によって異なる)学習期間は2年〜4年(学校によって異なる)
総額費用で考えますと、大きな違いが出てきます。
通信講座になりますと、ユーキャンの場合54,000円、ヒューマンアカデミーのたのまなで45,000円です。
もちろん、これだけですむかというとピアノの練習のための環境整備や個人レッスンをした場合の月謝などがかかることが予想されますが、
それを考慮しても、格段に安いというのが特徴です。

 

学習期間が短期間

通信講座(ユーキャンやたのまなの場合)は、通常8ヶ月〜12ヶ月で終了するカリキュラムが組まれています。
しっかり学習できて最短で保育士試験に臨んだ場合、開始時期にもよりますが1年で取得可能ということですね。
もしも、最初にチャレンジした保育士試験で不合格になったとしても、翌年に不合格になった科目に挑戦することもできます。

 

通学制では、最短2年。
通信講座では最短1年。
短大の通信教育では最短2年で保育士資格を取得する事が可能ということになります。

 

もちろん、通信教育はメリットばかりではないことも知っておかないといけません。

 

実習の経験がないことから、自信が持てない、緊張してしまうなどの不安も生まれるでしょう。

 

一緒に学ぶ仲間がいない事で、励ましあう機会がない、挫折しやすいなどの声も聞かれます。

 

そのあたりのフォローは通信教育、通信講座でも解消できるように各学校でさまざまな配慮がなされている事も事実です。
保育士,通信教育,通信講座,資格,メリットユーキャンの保育士講座

 

保育士,通信教育,通信講座,資格,メリット保育士【完全合格】講座

 

保育士,通信教育,通信講座,資格,メリット通信制短大一覧

 

保育士,通信教育,通信講座,資格,メリット通信制大学一覧


 

幼稚園教諭免許所有者向け

ヒューマンアカデミーの通信講座 たのまな

幼稚園教諭免許所有者向けに、実技試験免除コースが出来ました! 最短3ヶ月でマスターを可能にする「ステップアップ式学習システム」 [ 2011/12/20 ]

通信講座や通信教育のメリット関連エントリー

通信で保育士資格を目指す
保育士になるための保育士資格を取得する方法は通学制の大学や短大を卒業、通信制大学を卒業、保育士試験に合格する方法があります。
通信教育以外の方法
保育士になるための保育士資格を取得する方法。通信以外の方法は?
養成学校を卒業する
厚生労働大臣の指定する指定保育士養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業することで保育士の資格を取得できます。
保育士資格までの費用比較
保育士資格を取得しようという時に気になるのが費用でしょう。通信制の大学・短大と通学制の専門学校の比較と通信講座の場合で考えてみましょう。
保育士試験 合格を目指す
保育士試験 合格を目指す方法は、毎年1回、都道府県知事の実施する保育士試験に合格すれば保育士の資格を取得することができます。
幼稚園教諭と保育士の違い
保育士資格を取得しようという方はご存知でしょうが、幼稚園教諭の資格と保育士資格の違いを再確認しましょう。