保育士 費用比較 通信制大学 短大 専門学校 通信講座

たのまなの保育士通信講座

たのまなの保育士通信講座は分割なら月々3,200円×14回 
たのまなはヒューマンアカデミーの通信講座です。
詳細はこちら>>たのまな保育士講座

保育士の費用比較

保育士になるまでの方法は通学制と通信制、大学・短大と専門学校、自宅学習の通信講座などと色々ありますが、単純に費用で比較した場合
通信講座が圧倒的に安いと言ってもよいでしょう。

 

通信講座の費用比較

項目名1 費用 一括払い 費用 分割払い 標準学習期間
ユーキャン 54,000 3,900円 × 14回 12ヵ月
たのまな 45,000 初回4,192円、2回目以降3,100円(例) 6ヶ月 
標準在籍期間12ヵ月

通信講座の場合は保育士試験を受験して合格しなければなりません。
合格率は20%前後と低いですが、難易度が高いわけではありませんので挑戦してみる価値ありです。
これ以外にピアノの個人レッスン代を払っても、通信制大学や短大に比べても費用は抑えられるでしょう。

通信制の大学と短大・専門学校の費用比較

通信制の大学や短大は通学制に比較すると費用が安い事が特徴です。

項目名1 1年間の費用 学習期間 総額の目安
通信制短大 約20万 2年 40万〜 スクーリング別途
通信制大学 約20万 4年 80万〜 スクーリング別途

専門学校

約100万(75万〜125万) 2年〜3年 200万375万

専門学校通信短大併用

約120万
(通信短大費用別途のところもある)

3年 360万

通信制大学、通信制短大はスクーリング受講費や交通費、場合によっては宿泊費も考慮しないといけませんが、おおむねこのような額になります。

 

短大と大学を比較した場合、2年と4年の違いから短大の費用の2倍、大学の場合はかかることになります。

 

費用面で考えると、短大の方に軍配があがりますが、公立保育園に勤めた場合、初任給や昇給の面で差が出てくることになります。

 

私立の場合は差がないところもありますが、後々の給与面で差が出ることを知るとどちらが良いか迷うところでしょう。

 

同じ大学の短大と4年生大学の詳しい資料で比較して、自分に必要なのはどちらなのかじっくり検討してみてください。

短大と4年生大学のある学校

東京福祉大学
東京福祉大学 短期大学部

 

聖徳大学通信教育部
聖徳大学短期大学部

 

 

幼稚園教諭免許所有者向け

ヒューマンアカデミーの通信講座 たのまな

幼稚園教諭免許所有者向けに、実技試験免除コースが出来ました! 最短3ヶ月でマスターを可能にする「ステップアップ式学習システム」 [ 2011/12/20 ]

保育士資格までの費用比較関連エントリー

通信で保育士資格を目指す
保育士になるための保育士資格を取得する方法は通学制の大学や短大を卒業、通信制大学を卒業、保育士試験に合格する方法があります。
通信講座や通信教育のメリット
保育士資格を取得する方法の一つ、通信講座や通信教育のメリットとはなんでしょうか。通学制と比較してみましょう。
通信教育以外の方法
保育士になるための保育士資格を取得する方法。通信以外の方法は?
養成学校を卒業する
厚生労働大臣の指定する指定保育士養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業することで保育士の資格を取得できます。
保育士試験 合格を目指す
保育士試験 合格を目指す方法は、毎年1回、都道府県知事の実施する保育士試験に合格すれば保育士の資格を取得することができます。
幼稚園教諭と保育士の違い
保育士資格を取得しようという方はご存知でしょうが、幼稚園教諭の資格と保育士資格の違いを再確認しましょう。