保育士専門学校と短大の違い|保育士専門学校で保育士を目指そう!

保育士専門学校の検索と資料請求

保育士専門学校と保育短大の違い

保育士専門学校と、保育の短大との違いというと、授業内容です。

 

保育短大は一般教養の時間が多い

短大の場合、一般教養の授業時間が多いので、カリキュラムの中で相対的に専門的な授業時間が専門学校に比べると少なくなります。

もちろん、先生を目指すのですから一般教養も必要性がありますが、これは保育士を目指す方にとっては迷うポイントでしょう。
短大のメリットは、保育士資格だけでなく、幼稚園教諭やその他の様々な資格も目指す事ができることです。
幅広い知識を得られるという意味では保育短大ともいえます。

 

 

逆に、保育士だけを目指すのでしたら、必要のない授業も多いということになります。

保育士専門学校は専門的・実践的な授業

保育士を目指すということに限定するのであれば、専門学校の授業は専門的な授業や実践的な授業が多いので即戦力として役にたつ知識が得られるといえるでしょう。

ピアノの授業では、マンツーマンのレッスンや放課後に自由に練習できる環境が整っていることがあげられます。もちろん、短大でもそういうところもあります。

文部科学省・厚生労働省指定の専門学校

文部科学省・厚生労働省認定の専門学校ですと、保育士と幼稚園教諭の資格が同時に取得する事ができるのでオススメです。
保育士になりたいと目標を絞っている仲間ばかりなので、お互いに励ましあったりしながら夢に向ってぶれることなく継続することにもつながります。

 


 

幼稚園教諭免許所有者向け

ヒューマンアカデミーの通信講座 たのまなに幼稚園教諭免許所有者向けに、実技試験免除コースが出来ました! 最短3ヶ月でマスターを可能にする「ステップアップ式学習システム」 [ 2011/12/20 ]